No.3 これからの製造業社長として ”やるべき仕事”とは?

2018.9.11

これからの製造業社長として、
どんな仕事のやり方が求められる
でしょうか。

そのためには、まずは、
・社長の仕事と、
・プレイヤーとしての仕事を
明確に認識しましょう。

”社長の仕事”とは、一体
何でしょうか。?
それは、以下の2つです。

(1)戦略作り
(2)組織作り

戦略作りというのは、
どの土俵でどうやって戦っていくかを
決めることです。

組織づくりというのは、
戦略に向かって組織を動かす仕組み
を決めることです。

これら戦略や組織を作るときは、
走りながらの今の思考ではなく、
立ち止まっての深い思考が
必要です。

つまり、”社長の仕事”には、
深海思考が必要です。

一方、プレイヤーとしての仕事と
いうのは、まさにプレイヤーや、
マネージャーとしての現場仕事です。

現場仕事ですので、
こちらは、走りながらの今の思考が
重要となってきます。

これらの”社長の仕事”と、
”プレイヤーとしての仕事”について
両方担っているという製造業社長
も多いと思います。

もちろん、両方やるのも良いのですが、
問題は、そのバランスですね。
”社長の仕事”と、
”プレイヤーとしての仕事”で、
どれくらいの時間配分になっています
でしょうか。

特に中小製造業では、
・社長仕事:1%
・プレイヤー仕事:99%
なんていう社長も多いと思います。

しかし、これからは、自社の舵取りを
するために、”社長の仕事”を
行うことが重要になってきます。

”社長の仕事”の時間配分を
少しずつ増やす必要があります。

少なくとも、
・社長仕事:10%
・プレイヤー仕事:90%
くらいは欲しいところです。

社長仕事10%というのは、
1日8時間週5日間とすると、
だいたい、毎日、小一時間
くらいを社長仕事に当てる
感じになります。

戦略決めのための情報収集や
戦略の進捗チェックなどの時間も
考慮すると、やはりそれくらいの
時間は確保したいところです。

今まで、”プレイヤーとしての仕事”を
ほとんど行ってきた社長が、
急に”社長の仕事”の時間を確保
するというのは、簡単そうでいて
意外と難しいというケースが
多いです。

それでは、どのようにして、
”社長の仕事”の時間を
確保すれば良いのでしょうか。

次回、社長の仕事の確保の仕方
について、お話ししていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━
●●今週の深海奥義●●

・”社長の仕事”とは、
 戦略を創ることと、
 組織を作ることである!

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ネオフライトクリエイションズ
宮川 壮輔

深海の技術経営無料メールレター登録

これからの製造業社長には深い思考が必要です。
経営やマーケティングに役立つノウハウを毎週火曜日にお送りします。
ぜひ、ご登録下さい。

*
*
メールアドレス*